ネイルライセンス とコスメトロジーライセンス、どっちを目指すべき?ライセンスの種類について

ネイルライセンス とコスメトロジーライセンス、どっちを目指すべき?ライセンスの種類について

コスメトロジーライセンスとネイルライセンスって何が違うの?と思われる方も多いと思います。

コスメトロジーライセンスはネイル、ヘア、エステ、アイなどの美容業を全体的に出来る資格です。ネイルテクニシャンはネイルに特化した資格になります。

簡単に言えばコスメとロジーライセンスは日本の美容師免許のようなもので、ネイルテクニシャンの資格は日本のネイル検定のようなものです。

でも注意していただきたいのは、日本のネイル検定と異なりアメリカでネイリストとして働くためにはライセンスがないと働けないというところです。

取得するためには日本の美容師免許をトランスファーする方法と、現地で学び取得する二通りの方法があります。

州毎にライセンスが必要で、取得のための必須勉強時間も州によって異なります。

また、州によって用意されているライセンスの種類も変わります。

例えば、ニューヨーク州でコスメトロジーライセンスを取得してカリフォルニアで働きたくなった場合はライセンスのトランスファーが必要になってきます。

必須勉強時間も各州でバラバラなのでコスメトロジーライセンスもネイルライセンスも取りやすい州と取りにくい州があるのです。

基本的に州で決められている時間数学校に通う→試験を受ける→試験に受かってライセンス取得ということになります。

ライセンスの種類によっては見習期間を約2年間費やせば資格が取れることもありますが、ネイルライセンスに関しては300時間から400時間のお勉強が必須になっています。

美容系のアメリカで取得できるライセンスの種類は

・コスメトロジーライセンスはコスメトロジスト(Cosmetologist) と呼ばれるヘア、ネイル、エステなど美容全般の仕事に携わることが許される日本の美容師免許のようなものです。美容業全般の仕事を目指せます。

・バーバーは日本の理容師免許のようなものです。男性向けのサービスを提供できます。

・ネイルテクニシャンはアメリカでネイリストとして働ける資格です。

・エステティシャンはマッサージやスキンケアの知識を学びます。

・エレクトロジストは脱毛を提供することが許される資格です。

・ヘアスタイリストは日本の美容師が提供しているサービスに携わることができます。コスメトロジーライセンス とは異なり、美容全般の業務は行えません。

カリフォルニア州の必須時間

・コスメトロジスト(Cosmetologist) :1600 時間 or 3200 時間の見習期間(1日8時間と考えると400日。お休みを考えると約2年間)

・理容師(Barber) :1500時間 or 3200 時間の見習い期間(1日8時間と考えて400日なのでお休みを考えると約2年間)

・ネイルテクニシャン(Nail technician):400時間

・エステティシャン(Esthetician) :600 時間

・エレクトロジスト(Electrologist) :600時間 or 3200時間 の見習い期間

ニューヨーク州 

・コスメトロジスト(Cosmetologist) :1000時間

・理容師(Barber): 2年間の見習い期間

・ナチュラルヘアスタイリスト(Natural Hairstylist): 300 時間

・ネイルテクニシャン(Nail Tech): 250 時間

・エステティシャン(Esthetician) :600 時間

カリフォルニア州と比べてニューヨーク州は短い時間で取得できることが分かります。

ニューヨーク州にはヘアスタイリストのライセンスがあり脱毛のライセンスであるエレクトロジストも取得可能です。

ハワイ

・コスメトロジスト(Cosmetologist): 1800 時間 or 3600 時間の見習期間

・理容師(Barber) 1500 時間 or 1500 時間の見習期間

・ヘアスタイリスト(Hairstylist) 1250 時間or 2500 時間の見習期間

・ネイルテクニシャン(Nail Tech) :350 時間or 700 時間の見習期間

・エステティシャン(Esthetician) :600 時間or 1200 時間の見習期間

・エレクトロジスト(Electrologist):600 時間or 800 見習期間

ハワイは一番時間がかかることが分かりますが全てのライセンスがスクールに通わなくてもライセンス保持者の下で見習期間を過ごせば試験を受けることができます。

コスメトロジーライセンスを取得すれば美容業全般に携わることができますが興味のないことを学ぶのはとてもつまらないので、まずは自分が何を学びたいかを明確にして自分にあったライセンスを取得し、キャリアを積んで行くのが良いと思います。

関連ブログはこちらから

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *