美容loverがアメリカの田舎に住むメリット・デメリット

美容loverがアメリカの田舎に住むメリット・デメリット

アメリカ留学する際に都会か田舎か、は迷われるポイントだと思います。

私は短大時代にアメリカのど田舎で過ごしました。

おかげで勉強は捗ったものの、今では田舎恐怖症になりました(笑)

やることがなさすぎて、海外で過ごすワクワクする気持ちが皆無でした。

向き不向きがあると思いますが美容が好きだったり、こだわりがあるとか、美容関係のお仕事をされていた方は美容が盛んで最先端のロスやニューヨークに行かれるべきだと思います。

あくまで個人的な意見になりますが、アメリカの田舎の州に留学した体験から田舎で過ごすメリットデメリットをお伝えいたします。

まず、メリットもいくつかあります。

アメリカの田舎街だと日本人留学生が少ないのでネイティブと関わることが多くなります。(友達になるとはまた別の話し)

それで英語が伸びるかと言えば微妙ですが、英語に触れる機会は多いです。

それからやることがないので誘惑に負けずに勉強できます。

娯楽があると遊びたくなってしまう人は田舎のがいいのかも。

実際私も誘惑にすぐ負けるので田舎を選びました。

勉強しかすることがないので自然と勉強します。

身だしなみに気を使っている人が少ないのでスッピンでテキトーな格好でも浮きません。

なのでお金を全然使いません。

今まで日本で美容に気を使っていた方は新たな世界を発見できるかもしれません。

あとは、大自然が好きな方にとってはアメリカの田舎は最高だと思います。

私も自然は好きですが、住むのはちょっと違いました。

海が好きなのに山に囲まれた乾燥地帯にいったのも間違いだったのですが。笑

海沿いの田舎町だったら大丈夫だったかも。

デメリットもたくさんあります。

フィリピンの田舎町に住んでいたことがあるので大丈夫かと思っていましたが、アメリカの田舎って土地が広い分想像を絶するのです。笑

公共交通機関もありませんしタクシーもウーバーもいません

一人じゃどこにも行けない

美容loverにとってアメリカの田舎は結構しんどいです。

美容室もネイルサロンもありましたが信用できないので行きませんでした。

服は可愛い服は通販で買うしかなく、まつエクなんてものはないです。

靴も、ヒールなんて洒落た靴は売ってません。

カウボーイ文化が盛んな州だったので、カウボーイ(カウガール)ハットとカウボーイ(カウガール)ブーツはやたらと売っていました。

これはこれで可愛いんですけどね!

逆におしゃれな格好をすると結構浮きます。笑

周りはカウボーイかパーカーデニムなどのカジュアルな格好ばかりなので。

勉強しに行くんだから美容なんてどうでもいい!って方にはとても勧められますが。

私もそう思って行ったんですけど、1年で限界が来ました

あとは、日本人が少ないのはデメリットにもなります。

アメリカ人や他国の留学生と仲良くなっても、価値観のズレはどうしても生じます。

日本語が通じないだけでもストレスなのに、変なところで誤解が生じるのは慣れるまで大変です。

日本食も田舎だと簡単には食べられませんし、かなりホームシックになります。

多国籍文化のアメリカも、田舎だと外国人に慣れていないのでいつまで立っても「外国人」扱いされます。

道を歩いているとアジア人は珍しいのかよく見られます。

気を遣ってくれているのか、優しい人も多いですが。

私はその変な気遣いに疲れてしまいました。

短期留学だったら田舎でも良い気はしますけどね。

個人的にはもう田舎に住むことはないだろうと思っていますが、好みの問題なので自分に合った州を選んで素敵なアメリカンライフをお過ごしください♪

関連ブログはこちらから

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *