ネイル留学中のアメリカ滞在方法

ネイル留学中のアメリカ滞在方法

こんにちは!今回はネイル留学中のアメリカ滞在法についてお話ししていきます。 LILA NAILSでは出来る限りお安くネイル留学をご提供する様努めていますが、滞在費用は安く済ませたいですよね。 そこで今回はカリフォルニア州ロサンゼルスでの滞在方法をご紹介いたします。   まず、一番安いのは相部屋タイプのルームシェアです。 一部屋に二段ベッドがたくさんあって、キッチンやバスルームはシェアなところが多いです。 中には一部屋に普通のベッドが2つあり、二人で一部屋をシェアするところもあります。   値段はとても安いので、とにかく値段重視で寝るだけの部屋でも良い、プライベートスペースが必要ないという方にはお勧めです。 大体1ヶ月300ドルから500ドルで探せます。 ただネイル留学の場合、家で練習したくなる時もあると思うんですよね。中には匂いのきつい薬品もあるので、プライベートなスペースがないお家はネイルアーティストを目指す方には向かないかな、とも思います。 このタイプのお部屋は部屋に自由に使える机がないことの方が多いと思うので、やりたいときにネイルの練習が出来ないのはかなりストレスになるかと思います。 一週間くらいの短期でのネイル留学の場合はまだ大丈夫かとも思いますが、長期の場合はおすすめしません。   その次に安いのはキッチンとバスルームがシェアで、個室があるタイプのお部屋です。 こちらはプライベートなスペースがあるので、相部屋よりもくつろげますがお値段も少し高くなります。中には個室に専用のバスルームとキッチンが付いているところもあります。 私が部屋探しをしていた時は大体700ドルから1200ドルくらいでした。 このタイプの部屋はオーナーとの交渉次第で安くなることもあります。 部屋をシェアするタイプも、キッチンのみシェアのタイプもびびなびロサンゼルスのルームシェアのところにたくさん掲載されているので探しやすいかなと思います。 基本日本語で書いてくれてますし! シェアハウスは家具付きのところも多いので、短期滞在には丁度良いと思います。 個室があるタイプは部屋に机を用意してくれているところが大半だと思うので、ネイル留学中でも自由に練習出来ると思います。 きつい匂いが出るものはなかなか難しいと思いますが、相部屋よりは格段に自由度が上がります。 キッチンやバスルームのみのシェアハウスは半年くらいのネイル留学におすすめな滞在先です。   次はアメリカの不動産会社を通した賃貸をご紹介します。 私も最初は個室タイプのキッチンのみシェア物件にしようかと思ったのですが、完全プライベートのワンルームアパートを同じくらいの値段で借りることが出来たのでそっちにしました。 びびなびでも完全プライベートの部屋を貸してくれるところあるのですが、私が内見したところは狭い上に値段も割と高かったです。 賃貸は日本の不動産と同じ様に、アメリカの不動産会社を介して部屋を借ります。 探せば意外とシェアハウスとそんなに変わらない値段でワンルームのアパートを借りることが出来るのでおすすめですが、最低でも一年契約なところが多く、VISAの種類によっては貸してくれないところも多いので根気強く探すことが大切です。 私はアメリカに来たばかりだと信用もなく、貸してくれるところが少ないのも分かっていたので、ダメ元で片っ端から連絡しまくっていました。 学生ビザで滞在する場合は収入がないので難しいと思いがちですが、探すと学生ビザ(I-20 student)でもオッケーですよーと書いてくれてるところもあります。   ちなみにアメリカでは、ワンルームをStudioと言い、当たり前ですが部屋が増えるごとに高くなっていきます。 相場は場所によって様々で、1300ドルから1600ドルくらいでした。もっと安いところもあるかもしれませんが、明らかに規格外で安すぎるところは逆にちょっと心配かな、と思います。 賃貸は最低でも一年契約が多いため、語学学校やカレッジに行きながらのネイル留学や、インターン生におすすめです。ある程度長期での滞在を考えている場合は検討してみるのも良いと思います♪ ちなみにAirbnbでもプライベートな空間をまとめて借りることができますが、割高になります。   最後にご参考までに、私が内見した物件の場所と値段をご紹介します。 ○プライベートルーム有り、キッチンのみシェアのシェアハウス(びびなび)場所: Korea Town付近金額: 1200ドル※光熱費込み、ペット不可、 ○完全プライベート、一軒家の離れキッチン、ユニットバス完備場所: 忘れた。でも治安悪そうな雰囲気の街金額: 1200ドル※光熱費込み、ペット不可、狭い ○ワンルームアパートメント、キッチンなし。場所: サンタモニカ金額: […]

アメリカのネイリストたちのお給料事情

アメリカのネイリストたちのお給料事情

アメリカでネイリストとして働きたい。そんなとき、気になるのはお給料ですよね。 実際アメリカで働くネイリストたちがどれだけもらっているのかを調査してみました。   まず、アメリカはまだまだジェルネイルが主流ではないのでマニキュアやマッサージのみで経営しているサロンも少なくありません。 そうすると自然と単価は下がるのでネイリストのお給料も下がります。   ジェルネイルや長さだしも出来るいわゆる日本人が想像するネイリストも、マニキュアしかやらないネイリストも、マニキュアリストやネイルテクニシャンと名乗っているので見分けがつきません。 なので低いお給料はおそらくマニキュアのみの施術なのではないかと思います。   カリフォルニア州ロサンゼルスの場合、年収で 平均は$23,600でした。 低くて$18,442、高くて$30,478です。   ニューヨークの場合は平均が$25,100なのでカリフォルニアより少し高めです。   基本給に加えてチップも入ってくるので実際の年収はもう少し高いと思います。   最近はセレブリティネイルアーティストとして、たくさんのネイリストたちが活躍しています。 有名な日本人ネイルアーティストたちもアメリカでたくさん活躍していますよね。   一回の施術で$400+チップとはザラにあるので、彼らの給料はもっと高いと思います。   色々なネイリストがいて、得意とするデザインも違うので日本と同じくピンからキリまでたくさんのネイリストがいます。   稼げるネイリストになれる様、がんばっていきましょう! 参考になれば嬉しいです。 関連ブログはこちらから アメリカでネイルライセンスを取得するのに英語力は必要? Read More adminMarch 11, 2021 美容loverがアメリカの田舎に住むメリット・デメリット Read More adminApril 7, 2021 ネイリストは資格なしでも大丈夫! Read More adminJune 10, 2021 日本でも流行り始めたアメリカ流ネイル Read More adminJune 11, […]

アメリカでのアジア人差別はネイルの仕事に影響する?

アメリカでのアジア人差別はネイルの仕事に影響する?

近頃アメリカでコロナ禍でのアジア人差別が加速しているとニュースでたくさんやっています。 私も日本に一時帰国していたのでアメリカに戻ってくるのが少し不安だったのですが、実際は今のところ特に差別はされていません。 しかも今は選挙は毎回共和党が勝つ、トランプさん大好き州にいますが、みんな優しいです。   でも私もアジア人で、ロサンゼルスで接客業のネイリストとして働いていく身なので、少なからず影響はあるんじゃないかと思いました。 クライアントさん来なくなっちゃったりね。   なのでアジア人差別がアメリカで働くアジア人ネイリストにどう影響するか、考えてみました。   私の結論から言うと、影響しません!   コロナの影響は少なからずあると思います。 でも、アジア人へのヘイトが増えたからと言って特に変わらないんじゃないかなと。   そもそもトランプ前大統領がコロナウィルスをChinese Virusと言ったことでアジア人への差別が加速したと言われていますが、私はトランプ前大統領は差別的な意味を込めていたわけではないと思うんですよね。   インフルエンザも昔はスペイン風邪とか言われてたし(本当はアメリカ発祥だけど)、中国政府にイライラしてたかもしれないけどこんなアジア人差別を加速することになるとは思っていなくてそんな意図もなかったと思うんです。   日頃からアジア人へのヘイト心を持っていた人たちを触発して差別を助長させただけで、元々リ ベラルな考え方で差別心を持っていない人が急にアジア人に対してヘイトクライムを行ってるわけではないと思っています。   あとは強いて言うなら今まで差別されていたアフリカンアメリカン達が、標的がアジア人に変わったのを良いことにアジア人を差別しているパターン。   例えるなら、クラスでいつもいじめられていた子が、急に別の子どもに標的が移ったからって調子に乗っていじめ始めちゃうやつです。   でも、普段アジア人ネイリストさんにネイルをお願いしているクライアントさん達はアジア人への憎悪は持っていないんじゃないでしょうか。   嫌いだったり、こいつらウゼーーって思ってたらきっと同じ人種のネイリストの元へ行きますよね。   コロナで溜まったストレスの矛先がアジア人に向いている、でもアジアンヘイトが直接ネイリストのお仕事に影響があるかといえばそうではないと思います。   人種なんて気にならないくらいどんな時でもクライアントさん達から愛されるネイリストでいられる様に、日頃からクライアントさん達を幸せに出来る接客を心がけましょ♪ 関連ブログはこちらから ネイルライセンス とコスメトロジーライセンス、どっちを目指すべき?ライセンスの種類について Read More adminMarch 11, 2021 美容loverがアメリカの田舎に住むメリット・デメリット Read More adminApril 7, 2021 ネイル留学するならカリフォルニアのネイルライセンスが◎ Read More […]

ネイルサロンに有名人がご来店されたら絶対に聞くべきこと

ネイルサロンに有名人がご来店されたら絶対に聞くべきこと

もしもネイルサロンに有名人がご来店されたら、遠慮せずにタグ付けをしても良いか、SNSにご来店の旨を記載しても良いかを確認した方が良いよってお話をしていこうと思います。   日本にもたくさんの有名なネイリスト達が活躍していますが、繊細なオリジナルアートで有名なネイリストが多いです。 でも日本のネイリストは上手な人が本当に多くて、埋もれやすくもあるんですよね…   今は日本のネイル市場自体が飽和状態なので、かわいいネイルサンプルをインスタに載せても中々注目されません。   技術の向上も可愛いネイルサンプルを作るのも、もちろんとても大切なんですけど、一生懸命技術の向上をしてもライバルが多すぎます。 ある程度の技術があるなら、インスタで有名な芸能人やインスタグラマーにタグづけしてもらったり、タグづけすることが一番の近道だと思うんです。   アメリカでは真似できない可愛いアートができるネイリストよりも、セレブ達のお抱えネイリスト達がCelebrity nail artistとしてアメリカで有名になっています。   クレジット(credit)という言葉があります。 著作権や手柄という様な意味なのですが、アメリカの有名ネイリスト達って自分のインスタやSNSに自分が担当したセレブ達をネイル写真と共にタグづけたりしていますよね。   こういうの、日本だと少ない気がします。   日本の芸能人もネイルをしている人は多いですが、あまり大体的にネイルサロンやネイリスト達が芸能人をタグづけしていないです。 でも、アメリカの有名セレブネイリスト達は積極的にクレジットをもらってアピールしています。   だからアメリカで有名になるにはある程度セレブ達に認めてもらい、セレブ達お抱えのネイリストになることが一番の近道です。 これって日本でも言えることだと思います。   でもそのためには認知度を上げて、有名人達からオファーが来なければいけないのでインスタ運用や認知度を高めるためにマーケティングも必要になってきます。   だから日々技術の向上はもちろん欠かせないのですが、知名度があるクライアントさんがご来店されたら、インスタにタグづけで載せても良いか、聞いてみてください。 お忍びで通っている有名人達もいると思うので嫌がる人もいると思いますが、ダメ元でも聞いてみることをお勧めします。   インスタグラマー達は広告費を払えば宣伝してくれることもあるので、ミニモなどのたちの悪いクライアントが多い広告媒体を使用するよりもお勧めです。   ぜひ参考にしてみてください。 関連ブログはこちらから 日本でも流行り始めたアメリカ流ネイル Read More adminJune 11, 2021 美容loverがアメリカの田舎に住むメリット・デメリット Read More adminApril 7, 2021 アメリカのネイル試験の難易度は? Read More adminMarch […]

日本でも流行り始めたアメリカ流ネイル

日本でも流行り始めたアメリカ流ネイル

アメリカのネイルアートって独特で、日本のネイルアートとはどこか違いますよね。 シンプルなんだけど、個性的。 そんなネイルが多いように思います。   最近はアイスネイル(氷ネイル)やマグネット、フリルネイルなどが韓国や中国から日本に伝わり大流行しました。   同じアジア人だけあって、感性似てるんでしょうね!   日本では凝ったかわいいネイルが受けるので、アメリカのネイルアートはあまり日本人受けしないものが多かったんですよ。 でも最近、少しづつ流行り始めています。   先細スクエアカットのバレリーナカット(コフィンネイル)は数年前に誕生しましたが、日本ではあまり普及していませんでした。   海外好き女子達からはオーダーされていましたが、一部の方のみだったんです。 でも最近、バレリーナが一般的に広がり始めています。 最近は学生さんからOLさん達まで、幅広くバレリーナカットをオーダーされることが増えました。   私は昔からポイント派ですが、、笑 アートは最近だとうねうねした変形フレンチも人気ですね。                     この謎柄はなんて言うんでしょうね?   セレブ達が最近よくホワイトのこういう変形フレンチ柄をやっているのをインスタで見ます。 日本でも最近よくオーダーが入るそうです。   SNSで流行が一気に広がる時代なので、海外で流行しているネイルアートをすぐに知ることが出来る時代です。   アメリカのセレブ達のネイルを簡単にチェック出来るので、日本とは違うテイストのアメリカンネイルアートもたまには取り入れてるのも良いと思います♪ 関連ブログはこちらから 日本在住でもアメリカのライセンスを取得するメリット Read More adminApril 7, 2021 アメリカで生活をするメリットは人として成長できること Read More adminFebruary 26, 2021 […]

ネイリスト経験ゼロからアメリカのネイルライセンスを取得するには?

ネイリスト経験ゼロからアメリカのネイルライセンスを取得するには?

ゼロからアメリカのネイルライセンスの取得を考えている方に、具体的な取得方法をご紹介いたします。 これからネイリストを目指される方はぜひ参考にしてみてくださいね! 日本のネイルライセンスも何も持っていない、ゼロからネイリストを目指される方はどこかのネイルスクールで州によって決められた時間を勉強する必要があります。 アメリカのネイルスクールでも良いですし、日本のネイルスクールでも大丈夫です。 ちなみに美容学校を卒業していたり、美容師免許を持っている場合はネイルスクールに通わずにアメリカの美容師免許コスメトロジーライセンスにトランスファー可能です。 コスメトロジーライセンスを持っていればヘアーもネイルも施術も可能になります✩ アメリカのネイルライセンスを取得するためには大体どの州も必須授業時間が決められています。 ニューヨークの場合は250時間、カリフォルニアの場合は400時間と州によってもバラバラなのですが、日本でネイルを勉強した場合はこの時間ネイルについて学んだことを証明しなければいけません。 日本の場合は認定校を卒業していないと認定講師になれないとか、色々不都合が生じるので日本ネイル協会から認定されているネイルスクールを選ぶ方も多いかもしれません。 でもアメリカのネイルライセンスの試験を受けるのに認定校である必要はありません。 ただ、授業内容や決められた授業時間勉強したことを証明する書類が必要になってくるので英語の書類を発行してくれるスクールを選ぶことをお勧めします。 海外のネイルスクールで学んでアメリカのネイルライセンスを受験する流れを分かりやすく説明してくれているYouTubeビデオを見つけたのでシェアしておきますね! https://www.youtube.com/watch?v=RAkfXpxP8Dc&t=13s ビデオ内で紹介されているサイトには海外での単位を証明するのに必要な書類として、コース、学習時間や単位、成績や試験結果、そして公式の著名と印鑑のある成績証明書が必要とあります。 授業時間と単位が成績証明書に含まれていない場合はスクールが発行したプログラムの説明やシラバスも提出が必要です。 卒業されている場合は卒業証書も必要です。 ざっくりなので名前が変わったり、イレギュラーがある方は追加で書類が必要になってきます。 ご自身で試験を受ける場合は必ず必要な書類を確認してください。 アメリカのネイルスクールで学んでライセンス取得を目指した方が簡単なのですが、ネイルスクールのレベルは日本のほうが高いので、きちんと学ばれたい方は日本のネイルスクールに行かれることをお勧めします。 レベルが低くても良い!英語も勉強したいからアメリカのネイルスクールが良い!という方はロサンゼルスのサロンでネイルレッスンも行っているので活用してみてください♪ 関連ブログはこちらから アメリカで生活をするメリットは人として成長できること Read More adminFebruary 26, 2021 アメリカで買えるお勧めネイル商品 Read More adminMarch 24, 2021 日本のネイル検定よりもアメリカでネイル留学がお薦め✩ Read More adminApril 22, 2021 日本在住でもアメリカのライセンスを取得するメリット Read More adminApril 7, 2021

ネイリストは資格なしでも大丈夫!

ネイリストは資格なしでも大丈夫!

日本でネイリストを目指すなら、まず取得するのは日本ネイリスト協会のネイル検定だと思います。   大体のネイルサロンがネイル検定二級以上の人材を求めているので、ネイリスト検定二級は絶対に必要のように感じますが、資格はなくてもネイリストにはなれます。   日本にはネイルの国家資格がありません。 だから誰でもなれちゃうんです。   私が美容師免許を取得した時期が丁度、まつエクが美容師免許に含まれる時期でした。 なのでそろそろネイルも美容の国家試験に含まれるんじゃないかと噂されていましたが、結局は含まれませんでした。   日本はネイル協会が強すぎて厚生労働省が意見を言えない、、という噂もありました。笑   真実がどうなのかは置いておいて、現在の日本のネイル業界はネイル協会が“絶対“な雰囲気がありますが、ネイルの国家資格がないということは逆に言えば誰でもネイリストを名乗ることは可能なんですよね。   消費者からすればある程度の線引きはされていないと不安なので、民間とは言え資格を取得しておいた方が良いには良いのですが、ネイリストになるために絶対に資格が必要というわけではないんです。   一昔前まではスクールを卒業後、ネイリストの資格を取得したらネイルサロンに勤めるのが一般的でした。 でも最近はスクールを卒業してすぐに独立したり、セルフネイラーからいきなり独立したりするネイリストも増えています。   インスタやネイルブック、ネイリーなどで簡単に集客できる様になったこと、ネイル専用のレンタルスペースが増えてきて誰でもリスクが少なく独立可能になったことが主に関係していると思われます。   私も最近はGoogleの検索エンジンよりもまずはインスタでタグ検索するくらい、インスタって活用されてますよね。   ネイリーもネイルブックも写真からネイリストやネイルサロンを探せる様になっています。   このネイル可愛い!って思ってサロンページに飛んで、資格にこだわる人ってそこまでいないと思うんですよ。 値段とか口コミとかは見ると思うんですけど。   結局、資格がなくても支持されて評価されるネイリストにはなれるんです。 今はYouTubeなどでスクールに行かなくてもある程度基礎を学ぶこともできます。   資格を持っていると確かに箔は付きますしクライアントさんからの信頼度も違いますが、ネイリストの資格を取らない選択もあるということを覚えておいてくださいね!   参考になれば幸いです。 関連ブログはこちらから 用途に合わせて長さだし✩アクリルスカルプとジェルスカルプの違い Read More adminMarch 24, 2021 アメリカのネイル試験の難易度は? Read More adminMarch 24, 2021 大量すぎる日本のネイル資格と超シンプルなアメリカンネイル資格 Read More […]

ネイル留学するならカリフォルニアのネイルライセンスが◎

ネイル留学するならカリフォルニアのネイルライセンスが◎

アメリカにネイル留学をして、アメリカのネイルライセンスを取得しようと思ってもどの州のライセンスを取得するべきか悩みどころですよね。 アメリカのネイルライセンスは日本と違って全国共通ではなく、州によって異なります。 でも日本は民間資格ですがアメリカは州の資格なのである意味国家資格です。   州毎にライセンスが必要な分、州によって取得に必要な授業時間も異なります。   カリフォルニア州の必須時:400時間 ニューヨーク州:250 時間 ハワイ州:350 時間or 700 時間の見習期間   ご覧の通り、カリフォルニアのライセンスが一番時間がかかることが分かります。 カリフォルニア州のネイルライセンスプログラムはざっくりと   ・ネイルケアの技術と実習 ・マニキュアとペディキュア ・健康と安全 ・法律 ・健康と安全への考慮事項 ・消毒と衛生 ・細胞学、解剖学、生理学 です。   どの週も大体同じようなカリキュラムで同じようなことをやるのですが、一つ一つにかける時間は州によって異なります。   アメリカのネイルライセンスって、衛生面をすごく叩き込まれます。 日本はどちらかというと技術重視ですが、アメリカのネイルライセンスの場合は技術よりも衛生面重視です。   細菌や感染症など、日本よりも詳しく教えられました。   じっくりやりたいのであればカリフォルニアのネイルライセンスが良いですし、手っ取り早く取得したいのであればニューヨークでも良いと思います。 ちなみにニューヨークのネイルレベルは結構低いです。   でもカリフォルニアだとロサンゼルスのネイルサロンを経験したり、日本のネイルスクールに通うよりもLILANAILSでは安くサロン技術を教えることができます。 サロンワークやジェルネイルも同時に習得したいのであればカリフォルニアにネイル留学をしてカリフォルニアのネイルライセンスを取得されることをお勧めします。   ネイル留学もするのであればせっかくなのでアメリカのサロンワークも経験してみたくないですか?   総合的に、アメリカにネイル留学をするならカリフォルニアがお勧めですが、結局はご自身が興味のある場所じゃないとせっかく留学しても楽しめずに終わってしまうので興味がある州を選んでくださいね!   私はアメリカのコミュニティカレッジに留学したときエージェントに勧められてど田舎の州に留学したのですが、こんなにときめかない海外ってある!?ってくらい、毎回日本からアメリカに戻る時辛かったです。 アメリカに戻りたくなくて鬱でした…笑   そうならないためにも、色々な条件を加味して自分に一番合った場所を選んでくださいね! 関連ブログはこちらから ベースジェル Read […]

アメリカにネイル留学するのは時間の無駄?

アメリカにネイル留学するのは時間の無駄?

現在の私たちが想像する“ネイル”はアメリカのニューヨークが発祥です。 元々は自動車の塗装用ラッカーを爪に塗ることから始まりました。 ネイルの発祥の地、ニューヨークに行ったらきっと最先端のネイル技術が学べるんだろうな…♡   私はそんな想いを持ってニューヨークに短期でネイル留学に行ったのですが… 理想と現実は全然違っていました(笑)   日本のネイル技術の方が何倍もすごいです。 日本のネイル検定の方が民間だけど何倍も難しいです。   アメリカでネイル技術だけを学びにネイルスクールに留学するのは時間もお金ももったいないです。   じゃあアメリカまでわざわざネイル留学する意味ないじゃん、 と思われるかもしれませんがそういうわけでもないです。   ネイルだけに興味があるなら日本で学んだ方が絶対に良いです。 わざわざお金を払ってまでアメリカにネイル留学する必要なんてありませんが、 アメリカにネイル留学したいなって考えてる人はきっと海外に興味があるんだと思うんですよね。   だったらどうせなら英語とネイルを一緒に学んじゃいましょ♪   アメリカにネイル留学をしてネイルを学びながら、英語や海外での生活も体験できたら最高じゃないですか?   そもそも留学って本来、留学先で経験した生活、現地の人との交流や文化を自分の中に落とし込んで日本に帰国したときに生かせるようにすることが目的だと思うんです。   せっかくアメリカに来るんだったら、ネイルスクールに行くだけ、語学学校に行くだけ、なんてもったいなさすぎますよ。   せっかくなら実際にアメリカのネイルサロンを経験しましょうよ!   具体的にどうやるかというと、 観光ビザか学生ビザで入国していただきます。   英語も本格的に学びたくてお金にも余裕がある人は語学学校に行きながらをお勧めします。 アメリカのサロンを体験できれば良いって人は観光ビザで。 アメリカに入国後、ロスのサロンでネイル技術を教えることができます。   日本に戻ってから、一人でネイルサロンを開業できるようにサロンワークやネイル技術をお教えします。   ぜひ一緒にアメリカで頑張りましょう! 関連ブログはこちらから 美容loverがアメリカの田舎に住むメリット・デメリット Read More adminApril 7, 2021 大量すぎる日本のネイル資格と超シンプルなアメリカンネイル資格 Read More adminApril […]