ネイリスト経験ゼロからアメリカのネイルライセンスを取得するには?

ネイリスト経験ゼロからアメリカのネイルライセンスを取得するには?

ゼロからアメリカのネイルライセンスの取得を考えている方に、具体的な取得方法をご紹介いたします。

これからネイリストを目指される方はぜひ参考にしてみてくださいね!

日本のネイルライセンスも何も持っていない、ゼロからネイリストを目指される方はどこかのネイルスクールで州によって決められた時間を勉強する必要があります。

アメリカのネイルスクールでも良いですし、日本のネイルスクールでも大丈夫です。

ちなみに美容学校を卒業していたり、美容師免許を持っている場合はネイルスクールに通わずにアメリカの美容師免許コスメトロジーライセンスにトランスファー可能です。

コスメトロジーライセンスを持っていればヘアーもネイルも施術も可能になります

アメリカのネイルライセンスを取得するためには大体どの州も必須授業時間が決められています。

ニューヨークの場合は250時間、カリフォルニアの場合は400時間と州によってもバラバラなのですが、日本でネイルを勉強した場合はこの時間ネイルについて学んだことを証明しなければいけません。

日本の場合は認定校を卒業していないと認定講師になれないとか、色々不都合が生じるので日本ネイル協会から認定されているネイルスクールを選ぶ方も多いかもしれません。

でもアメリカのネイルライセンスの試験を受けるのに認定校である必要はありません。

ただ、授業内容や決められた授業時間勉強したことを証明する書類が必要になってくるので英語の書類を発行してくれるスクールを選ぶことをお勧めします。

海外のネイルスクールで学んでアメリカのネイルライセンスを受験する流れを分かりやすく説明してくれているYouTubeビデオを見つけたのでシェアしておきますね!

https://www.youtube.com/watch?v=RAkfXpxP8Dc&t=13s

ビデオ内で紹介されているサイトには海外での単位を証明するのに必要な書類として、コース、学習時間や単位、成績や試験結果、そして公式の著名と印鑑のある成績証明書が必要とあります。

授業時間と単位が成績証明書に含まれていない場合はスクールが発行したプログラムの説明やシラバスも提出が必要です。

卒業されている場合は卒業証書も必要です。

ざっくりなので名前が変わったり、イレギュラーがある方は追加で書類が必要になってきます。

ご自身で試験を受ける場合は必ず必要な書類を確認してください。

アメリカのネイルスクールで学んでライセンス取得を目指した方が簡単なのですが、ネイルスクールのレベルは日本のほうが高いので、きちんと学ばれたい方は日本のネイルスクールに行かれることをお勧めします。

レベルが低くても良い!英語も勉強したいからアメリカのネイルスクールが良い!という方はロサンゼルスのサロンでネイルレッスンも行っているので活用してみてください♪

関連ブログはこちらから

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *