ネイルサロンに有名人がご来店されたら絶対に聞くべきこと

ネイルサロンに有名人がご来店されたら絶対に聞くべきこと

もしもネイルサロンに有名人がご来店されたら、遠慮せずにタグ付けをしても良いか、SNSにご来店の旨を記載しても良いかを確認した方が良いよってお話をしていこうと思います。

 

日本にもたくさんの有名なネイリスト達が活躍していますが、繊細なオリジナルアートで有名なネイリストが多いです。

でも日本のネイリストは上手な人が本当に多くて、埋もれやすくもあるんですよね…

 

今は日本のネイル市場自体が飽和状態なので、かわいいネイルサンプルをインスタに載せても中々注目されません。

 

技術の向上も可愛いネイルサンプルを作るのも、もちろんとても大切なんですけど、一生懸命技術の向上をしてもライバルが多すぎます。

ある程度の技術があるなら、インスタで有名な芸能人やインスタグラマーにタグづけしてもらったり、タグづけすることが一番の近道だと思うんです。

 

アメリカでは真似できない可愛いアートができるネイリストよりも、セレブ達のお抱えネイリスト達がCelebrity nail artistとしてアメリカで有名になっています。

 

クレジット(credit)という言葉があります。

著作権や手柄という様な意味なのですが、アメリカの有名ネイリスト達って自分のインスタやSNSに自分が担当したセレブ達をネイル写真と共にタグづけたりしていますよね。

 

こういうの、日本だと少ない気がします。

 

日本の芸能人もネイルをしている人は多いですが、あまり大体的にネイルサロンやネイリスト達が芸能人をタグづけしていないです。

でも、アメリカの有名セレブネイリスト達は積極的にクレジットをもらってアピールしています。

 

だからアメリカで有名になるにはある程度セレブ達に認めてもらい、セレブ達お抱えのネイリストになることが一番の近道です。

これって日本でも言えることだと思います。

 

でもそのためには認知度を上げて、有名人達からオファーが来なければいけないのでインスタ運用や認知度を高めるためにマーケティングも必要になってきます。

 

だから日々技術の向上はもちろん欠かせないのですが、知名度があるクライアントさんがご来店されたら、インスタにタグづけで載せても良いか、聞いてみてください。

お忍びで通っている有名人達もいると思うので嫌がる人もいると思いますが、ダメ元でも聞いてみることをお勧めします。

 

インスタグラマー達は広告費を払えば宣伝してくれることもあるので、ミニモなどのたちの悪いクライアントが多い広告媒体を使用するよりもお勧めです。

 

ぜひ参考にしてみてください。

関連ブログはこちらから

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *